忍者ブログ
ブログ・ビリヤード・キュー(CUE)のブログ&カスタム・キュー好きの溜まり場です(管理人はTAD・タッドマニア)、 Tad Custom Cue タッドキュー(TAD Cue)やその他世界のカスタム・キュー&ビンテージ・キューのマニア集まれ! Mezz(メッヅ)・キュー、Adam(アダム)・キューも大歓迎! ブログでビリヤード&キューの自慢大会開催中。 ビリヤード以外の話題でも大歓迎です。 一流のプロもコッソリ見ているビリヤードのブログです。 cue maker Tad kohara in the USA.Tad's Custom Cues:10533 Dale Ave Stanton(8101 Electric Av ), California 90680 United States. cue maker Ernie Gutierrez or Ginacue in the USA. Ernie Gutierrez:5424 Vineland Ave St North Hollywood, CA 91601. Cue maker Yoshimura Cue in the JAPAN.吉村キュー
[141] [140] [139] [138] [137] [136] [135] [134] [133] [132] [131]
まだ途中ですが、IPT(国際プールツアー)8エイトボールのルールを訳してみました。

Official IPT 8-Ball Rules

These rules are for the game of 8-Ball played at all IPT tour events.
これらの⑧ボールゲームのルールは、全てのIPTツアーイベントで適用されます。
These rules are subject to change at any time.
これらのルールはいつでも変更の対象です。
It is the responsibility of the players to know and understand these rules before competing.
ゲーム前にこれらのルールを知り理解することはプレーヤーの責任です。
The most important rule is have fun, be honest, and be respectful to the other players and fans.
ルールの中でも最も重要なものは、正直なプレーでゲームを楽しみ、他のプレーヤーおよびファンに敬意を表すことです。

IPT Official 8-Ball Rules(pdf)
上のファイルはJBCさんからのPkuriモンです(業界発展の為お許しを)。

流石、JBCさんの訳文は綺麗にまとまってます。
汚い語訳(誤訳?)をご希望の方は、

つづきはこちら→クリック

森学プロのホムペからpakuった部分もあります(これも業界発展の為です)(^^;)



1.0 Object of the game of 8-ball

Eight-ball is a pocket billiard game played with 15 object balls and a cue ball.
ビリヤードの⑧ボールゲームは15個の的玉と一個の手玉を使用します。
To win a game of 8-ball, a player must legally pocket the eight ball after which time his group of balls,
either solids or stripes, is completely pocketed, or by pocketing the eight ball on a legal break shot.
⑧ボールゲームに勝つためには、グループボールを全て(7個)落とした後、合法的に⑧ボールをポケットするか、
有効なブレイクショットによって⑧ボールをポケットしなければなりません。

2.0 Cue Stick Specifications
All cue sticks must meet the following specifications:
全てのツアー使用キューは下記の仕様に従わなければなりません。
a. No shorter than 53" and no longer than 63"
長さは53インチ以上63インチ以下の長さに限ります。
b. No lighter than 15 ounces and no heavier than 25 ounces.
重量は15オンス以上25オンス以下に限ります。
c. Balance point at least 33" from the tip of the cue.
キューバランスは先端から33インチ以下にバランスポイントが有ること。
d. Leather cue tip.
タップは革製品のみ(樹脂は不可)
Referees or IPT officials may inspect any cue at any time.
If a cue that does not meet specifications is found being used by a player it will result in an immediate loss of a game or more depending on the magnitude of the offense.
レフェリーやIPT関係者はいつでもキューを検査する事が出来、もし規定に反していると見なされれば、即刻ゲーム没収やその他の厳しい処分が科せられます。

3.0 The Lag プレーの順番を決める
At the beginning of each match, the players will lag.
試合を始める前にバンキングで順番を決定します。
The winner of the lag has the choice to break first, or to have the opponent break first.
バンキングの勝者は最初にブレイクするか、相手にブレイクをさせるかを選択することが出来ます。
To lag, two balls are placed anywhere behind (one on each side of the long center line) the C line by the players.
バンキングとは…通常のバンキングルールを参照
Each player shoots their respective balls to bank off of the opposite short rail and return to the shooters' side of the table.
The winner of the lag is the player whose ball lands closest to the short rail on the end of the table from which the balls were lagged.
Any of the following constitutes a foul on the lag resulting in the non-fouling player winning the lag: player's ball does not reach the opposite end rail;
player's ball being pocketed; player's ball crosses the center line of the table that runs parallel to the long rails;
a ball comes to rest in such a place that the center line through the ball which runs parallel to the long rails points to any part of the pocket- the center line must clearly point to a place on the nose of the cushion on the short rail.
If both players foul on the lag, they will re lag.

4.0 Winner Option to Break
After the first break, the winner of each game has the option to break for the next game or to have the opponent break.
ゲームの勝者は次のゲームのブレイク権(先攻か後攻)を選択できます。

5.0 Racking the Balls
ラックの方法
The 15 balls are racked in a triangle shape with the foremost ball being the One Ball, which is to be placed on the A spot.
15個のボールを三角にラックして頂点のボールをフットスポットに置きます。
The order of the balls should be random with the exception of the eight ball which should be placed in the middle of the third row,
その時、三列目の真ん中に大切な⑧を置き、その他はランダム(適当)です。
and the two back corner balls which should be a stripe and a solid respectively.
そして、5列目(最後方列)の頂点のボールはハイボール(帯玉)とローボールを交互に設置します(左右はどちらでも可)
Players are not allowed to place the remaining balls in any particular order for the purpose of gaining an advantage in the game.
ゲームを有利に運ぶ目的で、ラック時残ボールの配置を特別な順番にしてはいけません。
The opponent will rack the balls unless there is a designated referee who will be racking.

Players must to the best of their ability rack the balls for their opponent.
選手は出来る限り(正確にキッチリ)、相手の為にボールをラックしなければなりません。
Players are not allowed to purposely rack the balls badly or improperly.
選手は故意に悪意をもってラック(隙間を空ける等)することは認められません。
When the opponent racks the balls, the player breaking can ask for a re rack or elect to rack the balls themselves.
対戦相手がラックを行う場合、選手はリラック(ラックのやり直し)を求めるか自分でラックすることが出来ます。
If a player racks for himself, the non-breaking player can ask for a re rack or call a referee.
もし自分でラックをする場合は、相手はラックのやり直しを求めるかレフェリーを呼ぶことが出来ます。
If racking problems cause a delay of game, a referee can determine who is responsible and deliver a delay of game penalty.
もしラックで時間がかかり過ぎる場合、レフェリーはどちらの責任でラックに時間がかかっているかを判断して、責任のあるプレイヤーにペナルティーを与えることが出来ます。

6.0 The Break(ブレイクショット)
A legal break occurs when the One Ball is hit first and a) at least one object ball is pocketed or b) at least five object balls contact a rail.
手玉が頂点のボールにヒットした後、a)一個以上のボールがポケットされるかb)5個以上のボールがクッションに当たらなければブレイクは成立しません。
If a player fails to perform a legal break,
先攻選手が有効なブレイクショットを行わなかった場合、
the incoming player has the choice of cue ball in hand (with the original shooter on one foul),
or having the balls re racked and being awarded the break (without the opponent being on one foul).
後攻の選手は、先攻選手に一回目のファウルを宣告して、手玉を取るか、先攻選手のファウルは帳消しにして、ラックをし直してブレイク権を得るかの選択肢があります。

・6.1 8-ball in on break -ブレイクで⑧ボールがポケットした場合
If the 8 ball is pocketed on a legal break shot it is a win of game.
有効なブレイクの場合はブレイクしたプレイヤーの勝利です。
If the 8 ball is pocketed and the cue ball scratches or lands off the slate surface of the table,
or any foul is committed, it is a loss of game.
⑧ボールがポケットされた場合でも、手玉がスクラッチしたり、ボールが台から飛び出ししたり、ファウルすれば負けになりセットを失います。

・6.2 Open table after break - ブレイク後はいつでもテーブルはオープンのままです。
Regardless of how many solids or striped balls are made on the break,
the table is open after the break. In an open table situation,
ブレイクでボールがどのようにブレイクされようとも、
テーブルはオープンのままです。オープンテーブルの状況では、
any ball but the 8 ball can be hit first in any combination shot.
⑧ボールであろうがなかろうが色んな組み合わせで最初にショットすることが出来ます(要するにどのボールに当ててもセーフだということです)。
Once solids or stripes are determined for a player,
一端グループボールが確定されれば、
only their respective balls (solids or stripes) can be struck first in a combination shot.
グループボールのみ自由に当てることが許されます(⑧や相手のグループボールに手玉が最初に当たればファウルです)。
The 8 bal l can be used in any combination shot, just not struck first.
最初にグループボールに当たればそれ以降⑧ボールをコンビネーションしてショットすることは許されます(グループボールがハイボールで穴前の⑮を⑨でコンビネーションを狙う場合に⑨⑧⑮と絡めても有効ということです)。


・6.3 Scratch or foul on break - ブレイクスクラッチ又はブレイクでファウルした場合
If a player scratches or otherwise fouls on the break,
もし相手がブレイクスクラッチ又はブレイクでファウルした場合は、
the opponent has ball in hand (with the original shooter on one foul),
or having the balls re racked and being awarded the break (without the opponent being on one foul).
先攻選手に一回目のファウルを宣告して、手玉を取るか、先攻選手のファウルは帳消しにして、ラックをし直してブレイク権を得るかの選択肢があります。

以下は森学プロのホムペからpakuriました(業界発展の為です)(^^;)

6.4ブレイクボックス


- 手球はCライン(ヘッドライン)の内側で、かつ中心以外左右のの短クッションのポイントの間の中に置かれなくてはなりません。



If the shooter jumps any object ball off the table it is a foul and the incoming player is awarded the choice explained in item 4.3. If the eight ball jumps the table on the break it is a loss of game for the breaker.


プレイヤーが的球をテーブルから跳び越えるなら、ファウルです、
そして相手プレーヤーは項目4.3で説明された選択を与えられます。
8ボールがブレイクでテーブルを跳び越えるなら、ブレイクしたほうが負けです。



--------------------------------------------------------------------------------


7.0 Call Shot-
8-Ball is a called shot game. Called shot is defined as calling the object
ball to be pocketed and the pocket in which it is to be pocketed. As long as
a player shoots a legal shot (see 6.0) and the object ball called is
pocketed in the called pocket, no matter how it gets there, the shot is
good. Any extra balls that are pocketed in a legal shot stay pocketed.
Obvious shots need not be called, though if an opponent doesn’t recognize
the shot he retains the right to ask the shooter, before the shooter goes
down on the shot, what ball and pocket are called. None of the following are
considered obvious, even in their simplest forms: banks, kicks,
combinations, masse, and jump shots. All of these shots need to be called.
Also, an opponent has the right to ask the shooter which ball and pocket
are being called if it is not clearly obvious. If a shot seems obvious, and
the ball shot goes into another pocket and a dispute arises, a referee will
make a final determination.



7.0 コールショット


8ボールはコールショットゲームです。コールショットとはポケットする的玉とその
ポケットを指定することをいいます。合法なショット(参考6.0)で指定した的玉が指
定した ポケットに入ればどのように入ってもそのショットは有効です。同時に他の
球が入っても有効です。(どこにポケットするかが)明らかな球の場合はコールしな
くてもいいです が、相手プレーヤーが認識できない場合は、シュートする前にどの
ボールをどこにポケットするかを確認する権利があります。ただし、次のショットの
場合はいかに明らかに 思われるものでもコールしなければならない:バンク、キッ
ク、コンビネーション、マッセ、ジャンプショット。これらはコールしなければなり
ません。また、相手プレーヤ ーはどの球をどのポケットに入れるか確認する権利が
あります。もし、明らかに見えるショットでも他のポケットに入って論争になる場合
にはレフリーが最終判断をするもの とする。


--------------------------------------------------------------------------------


8.0 Legal Shot-
A legal shot after the break occurs when:

a. The shooter pockets a legal called ball in the called pocket.
b. The shooter’s cue ball touches any numbered ball on the table, on an
open table, with the exception of the eight ball, and drives either it or
any other ball after contact, or the cue ball to a rail.
c. The shooter’s cue ball touches a numbered ball that corresponds with the
shooters ball group (solids or stripes), once determined, before hitting any
other ball, and driving any ball or the cue ball to a rail thereafter.
d. If an object ball is frozen to a rail and is the intended ball on which
to make a legal hit, the cue ball must either strike a rail after making
contact with the frozen ball, or the frozen ball must contact a different
rail.
Any failure to perform a legal shot is a foul and cue ball in hand is
awarded to the incoming player.



8.0合法なショット



ブレイク後の合法なショットは
a.撞き手は指定した玉を指定したポケットに入れる。
b.オープンテーブルの場合、撞き手の手玉がテーブル上の8番以外の玉に当たり、そ
の玉か他のいずれかの玉を動かす、または手玉がレールに届く。
c.グループ(ソリッドかストライプ)が決まっている場合は、撞き手は手玉が他の玉
に当たる前に自分のグループの玉に当たり、その後いずれかの玉か手玉がレールに届
く。
d.的玉がレールと付いている(frozen)場合でその玉に当てるのなら、その玉に当
たった後の手玉がレールに触るか、手玉がその玉に当たった後にその玉が別のレール
に触る。
これらのショットに失敗した場合はファールとされ、相手プレーヤーは手玉フリー
ボールを与えられる。


--------------------------------------------------------------------------------


9.0 Playing-
A player continues to play until he fails to pocket a ball that corresponds
to his ball group (or any numbered ball but the eight on an open table) or
the eight ball once his ball group has been completely pocketed, or until a
foul has been committed. A player is allowed to call a “Safety” and by
doing so is allowed to pocket a ball that corresponds to his ball group
while legally ending the inning.

9.0Playing-
プレーヤーは自分のグループの玉(オープンの場合は8番以外の玉いずれか)、または
自分のグループの玉を全部入れた後の8番を外すか、ファールをするまで撞き続ける
ことが できる。
プレーヤーは「セーフティー」をコールして、自分のグループボールを入れた場合は
そのイニングを終了することが出来る。


--------------------------------------------------------------------------------


10.0 Jump Shots-
Jump shots are legal as long as the cue ball is not struck under the center
line that is parallel to the surface of the table.

10.0 ジャンプショット
ジャンプショットは合法です。 テーブル表面から平行に見立てた線上より下に落ちない場合はセーフです。


--------------------------------------------------------------------------------


11.0 End of Inning-
If a player fails to pocket a ball on a legal shot, that player’s inning
ends and the opponent takes the table where the balls lie. If it is a foul
that ends the player’s inning, the incoming player is awarded cue ball in
hand.

11.0 イニングの終了
プレーヤーが合法なショットでポケットに入れるのに失敗するとそのプレーヤーのイ
ニングは終了して相手プレーヤーは現状のままテーブルに付きます。ファールでイニ
ング が終了した場合は相手プレーヤーはフリーボールを与えられます。


--------------------------------------------------------------------------------


12.0 Fouls-
All fouls result in the opponent of the player who committed the foul being
awarded cue ball in hand. The following are fouls:

a. Cue ball fouls- if a player’s cue touches the cue ball in any way other
than a legal stroke (players are not allowed to position the cue ball with
their cue stick after being awarded cue ball in hand); any touching of the
cue ball with a mechanical bridge, body part, piece of clothing, chalk, or
anything related to the shooter.
b. Cue ball scratches or comes to rest off the slate surface.
c. Any intentional moving, striking, disrupting, of any ball on the table at
any time using any body part, element or device.
d. Any touching of an object ball with the cue stick at the time of the
stroke, as a result of the stroke, or after the stroke.
e. Marking the table in any way with a piece of chalk or any other method.

It is not a foul to accidentally touch an object ball. If an object ball is
accidentally touched, the shooter must stop or be stopped by the opponent
and give the opponent the option of returning the balls to where they were,
or leaving them as is and continuing play. If there is a dispute players
must call a referee and discuss the position of the balls. The referee will
make a final determination.

12.0 ファール
いかなるファールもファールをしたプレーヤーは相手プレーヤーにフリーボールを与
える事になります。次に示されているものはファールです:

a.手玉ファール-合法なストローク以外でプレーヤーがキューで手玉を触った場合
(フリーボールをもらった時でもキューで手玉を動かしたりしてはいけません)。ま
たメカニカルブリッジ、体の一部、衣類の一部、チョーク、その他撞き手に関わるい
かなる物が触った場合。
b.手玉のスクラッチと手玉がslate surfaceの外にでた場合。
c.テーブル上の玉に体のいかなる部位でも意図的に動かすこと、ストライク(叩くな
ど??)、妨害行為など。
d.ストロークの途中、結果的に、またはつき終わった後にキューで的玉に触れるこ
と。
e.チョークや他の物を使ってテーブルにマーク・目印をつける行為。

アクシデントで的球に触ってしまう場合はファールとしない。的球を触ってしまった
場合、撞き手は一度プレーを中断し、または相手プレーヤーが中断するように促し、
相手プレーヤーが動いてしまった的球を元にあった位置に戻すか、現状のまま続ける
か選択する事ができる。もし議論になるようならレフリーを呼んでボールの位置につ
いて話し合うこと。最終的な判断はレフリーに権限がある。


--------------------------------------------------------------------------------


13.0 Winning a Game-
A player wins a game by legally pocketing the eight ball after which time
all the balls of his corresponding ball group have been pocketed, or by
legally pocketing the eight on the break.

13.0 ゲームの勝利
プレーヤーは正しく自分のグループの玉を全部ポケットしてから8番を入れる、また
は正しいブレークで8番を入れるとそのゲームに勝利する。


--------------------------------------------------------------------------------


14.0 Losing a Game-
A player loses a game by fouling while pocketing the eight ball, jumping the
eight off the table (comes to rest off the slate bed surface) at any time,
pocketing the eight ball prematurely, pocketing the eight ball in a pocket
other than the called pocket. Player also loses game by committing three
consecutive fouls.

14.0 ゲームの負け
プレーヤーは8番を入れるときにファールをする、または8番をテーブルの場外(台の
表面でない場所に止まった場合)、自分のグループボールが残っているうちに8番を入れてし まった場合、
8番をコールしたポケット以外のポケットに入れてしまった場合に負け
となります。また、3連続ファールをとられても負けとなります。


--------------------------------------------------------------------------------


15.0 Playing the Eight Ball
When playing the eight ball:

a. The eight ball must always be the first ball contacted by the cue ball,
and it or any other ball including the cue ball must contact a rail after
the initial hit. Failure to do this is a foul and the opponent is awarded
cue ball in hand; it is not a loss of game.
b. Combinations, caroms, kisses, are all legal as long as the eight ball is
the first ball contacted by the cue ball.
c. Pocketing the eight in the wrong pocket is a loss of game.
d. If a player scratches or jumps the cue ball so that it comes to rest off
the playing surface of the table while playing the eight ball, it is a loss
of game.

15.0 8番のショット
 8番をショットするとき、
a.8番は必ず手玉が最初に当たる玉でなくてはならない、そしてその後、その玉か手
玉を含むほかの玉がレールに触れなければならない。これに失敗した場合はファール
となり、相手プレーヤーにフリーボールを与える:この場合は負けにはならない。
b.コンビネーション、キャロム、キスショットは手玉が8番に最初に当たっている限
り認められる。
c.8番を(コールしたのと)違うポケットに入れると負けとなる。
d.プレーヤーが8番を入れるときにスクラッチ、または手玉場外をした場合は負けと
なる。


--------------------------------------------------------------------------------


16.0 Illegally Pocketed Balls-
All balls that are illegally pocketed or jumped off the table stay “down,”
with the exception of the eight ball which results in a loss of game for the
shooter.

16.0 非合法的にポケットされた玉
非合法的にポケットされた玉、また場外した玉は、撞き手が負けとなる8番の場合を
除いて、落としたままにしておく。


--------------------------------------------------------------------------------


17.0 Slow Play-
From time to time throughout a match, referees will spot check to make sure that match play is moving along at an acceptable rate. If the referee determines that match play is going too slowly, the referee may issue a warning to speed up play to both players, or to the player the referee believes is responsible for the slow play. There is no shot clock. The absence of a shot clock is not an excuse to play too slowly. If the referee issues a warning, it is the players' responsibility to speed up play immediately. If a single player is warned and fails to speed up play to an acceptable rate, the referee can issue a one game penalty. If both players continue to play too slowly, the referee can issue a one game penalty to both players, essentially bringing the match closer to completion. If one or both players are on the verge of winning the match, the referee will exercise restraint unless a player is playing absurdly slow or with the intention of distracting the opponent.

17.0 遅いプレーについて
試合を通じて、レフェリーは試合が受容できる時間で進展するために試合の時間を確認します
レフェリーがその試合のプレーがあまりにもゆっくり進行していると決めた場合、レフェリーは両方のプレーヤーにプレーを速める警告を出せます、または遅いプレーヤーにプレーを速める警告を出すかもしれません。
当試合ではショットクロックは使いません。 しかしショットクロックがないことはあまりにもゆっくりとプレーする口実にはなりえません。
レフェリーが警告をした場合、すぐにプレーヤーは自らの責任としてプレーを速めてください
一人のプレーヤーが遅いプレーで警告されて、そして受容できる時間にプレーを速めることが出来ない場合、レフェリーは1ゲームのペナルティーをあたえることができます。
両方のプレーヤーがあまりにもゆっくりとプレーし続けるなら、レフェリーは本質的に試合を終了に向かわせる為に、両方のプレーヤーに共に、1ゲームのペナルティーを出すことができます。
1人または、共にプレーヤーが試合で勝つ間際である場合、プレーヤーが異様にゆっくり、相手の注意をそらす意志でプレーしているのなら、レフェリーは抑制を行使するでしょう。???


--------------------------------------------------------------------------------


18.0 Referees-
Referees are an integral part of any professional sport. In a situation where a referee presides over several tables, it is the players' responsibility to call a referee to a table to watch a shot or make a determination. The shooter or the opponent has the right to call a referee. If the opponent calls for a referee, it must be done before the shooter goes down on the shot (if shooter plays quickly, then opponent must call ASAP). If the shooter ignores the call for a referee it is a foul. Since many languages are spoken by IPT players, it is best to call out "referee please." Referees' decisions on shot calls, dispute resolution, or anything within the jurisdiction of the referee are final. If either player feels as though the referee has made the wrong decision, the player(s) has the right to ask that the call be reviewed by the Tour Director, or appointed Tournament Director (if any). The review will consist of the Director asking each of the players for their opinion, as well as the referee's opinion, and the opinion of anyone the Director believes could add insight to the situation. After review, the Director will make a final determination. After such a final determination is made, any arguing or derogatory remarks toward an opponent, referee, witness, or Director, may result in a one game penalty for each infraction and is at the discretion of the Director. If the Director is unavailable or recuses himself from the situation, another referee shall take the position of a substitute Director and retains all directorial power for that specific situation. Referees also have appointed responsibilities such as item 15 where they require no invitation to preside over a game.

18.0 レフェリー

レフェリーはどんなプロのスポーツでも不可欠な部分です。
いくつかのテーブルをまたいでレフェリーが試合を見ている場合、そのショットを見てもらうように、レフェリーをテーブルに呼ぶのはプレーヤーの責任です。 (または決定をする為に)
プレイヤーと相手は、レフェリーを呼ぶ権利を持っています。
相手がレフェリーを呼ぶ場合、プレイヤーがショット(相手プレイヤーが速くプレーする場合、審判を早急に呼ばなくてはなりません)をする前に、されなくてはなりません。
プレイヤーがレフェリーの呼び出しを無視する場合、ファウルとなります。
IPT プレイヤーは多くの言語によって話されますから、英語で「レフェリー プリーズ」と呼ぶのが良い。
そのショットにおける論争解決、(なんらかのレフェリーの管轄区域、)レフェリーの決定が最終的なものになります。
いずれかのプレーヤーはレフェリーが間違った決断をしたかのように感じる場合、プレーヤーは(あるとしたら)コールを任命されたトーナメントの運営によって再検討されることを頼む権利を持っています。
レビューとは、レフェリーの意見と運営が状況に洞察を加えることができたと信じる誰の意見と同様でも、プレーヤーのそれぞれにそれらの意見を求めている運営によって成立するでしょう。
レビューの後に、運営は最終の決定をするでしょう。このような最終の決定がされた後、どんなも口論をすることや相手やレフェリー、証人、運営に向かっての軽蔑的な発言はその違反行為のために1ゲームのペナルティーをもたらします、それは運営の裁量になります。
運営が利用できないか、状況を忌避する場合、もう1人のレフェリーを得るべきであって、そしてその特定の状態のために運営は力を使う必要があります。
レフェリーが同じくそれらが呼び出されるゲームで議長を務めることを必要とする、項目15のような責任を指定しました。



--------------------------------------------------------------------------------

19.0 スポーツ選手としての不適切な行為

激しく競い合うスポーツの中で、ビリヤードのゲームは優れたレベルのスポーツ選手精神の行為として記録されています。
競争相手が IPTプロのために受け入れ難い行動を示す場合、レフェリー(呼び出されるか、独立して競技種目目撃されるかにかかわらず)が1つの警告をするでしょう。
行動が継続する場合、
レフェリーはそれぞれの違反行為のために1つのゲーム罰則を与えるか、運営がいないときには運営の認めるもう1人のレフェリーの2人により、資格はく奪をするでしょう。
次のことはその可能性がある違反行為の若干の例です:

a. Sharking- defined as intentionally trying to distract your opponent which can include trying to intimidate opponent either verbally or through gesture.
b. Player's Chair- players are required to be seated in a designated player's chair during the opponent's turn at the table. At the end of an inning, the outgoing player should go directly to the chair and remain there until the incoming player's inning has ended.
c. Intimidation- defined as the act of threatening a player, spectator, referee, or anyone verbally or through gesture.
d. Mouthing Off- players are expected to be quiet when opponent is playing. Any derogatory comments to a player, referee, spectator, or anyone is a violation.

E. Coaching- players are allowed to have one "corner man" for coaching and support.
However, discussions with the "corner man" should not be disruptive to the opponent while shooting.
Corner men must adhere to the player dress code.
Once a player has left his seat to start his inning he may not get coaching from the corner man or anyone else.
Players should be aware that excessive coaching or discussion with the corner man could put the player in jeopardy of a slow-play penalty.

f. Dumping- defined as fixing the outcome of the game. Can result in instant disqualification from tournament and/or suspension or loss of Tour Card.
g. Any action deemed, by a referee or Director, unbecoming a sportsperson.
h. Players are required to call fouls on themselves when they know that they have committed a foul.

a. シャーキング - 意識的に口頭で相手を脅迫しようとすることを含む 相手の気をそらそうとしていると定義づけられたジェスチャー。

b. 座っていること- プレーヤーは相手のターンの間に、指名された椅子に座っているように要求されます。イニングの終わりに、プレーヤーは椅子にいき、そして、プレーヤーのイニングが終わるまで、そこに座っているべきです。

c.脅迫 - 口頭で、完全に相手プレーヤー、または、観客、レフェリー、他誰にでも脅迫するという行動と定義されたジェスチャー。

d. 相手がプレーしているとき、 Mouthing Off - プレーヤーが静かであることを期待されます。プレーヤー、レフェリー、観客、誰へのどんな軽蔑的なコメントでも違反です。

e.コーチング  プレーヤーがコーチングとサポートのために1人の「コーナーマン(corner man、ゴルフのキャディ、又はボクシングのコーチのような人)」を付随することを許されます。
しかしながら、「コーナーマン」との論議は、撞いている間に、相手に混乱させるべきではないこと。
コーナーマンの服装はプレーヤー服装規定に準拠しなくてはなりません。
プレーヤーがイニングを始めるために席を去った後に、コーナーマンや他の誰からもコーチングを受けてはなりません。
プレーヤーはコーナーマンとの論議が過ぎると 「遅いプレーの罰則」の危険があることを知っているべきです。

f.ダンピング -  外部からゲームの結果を直していると定義づけられた場合。 トーナメントの負け/ツアーカードの停止から、資格はく奪をもたらすことができます。

g.  レフェリーや運営によって、 スポーツ選手らしからぬとみなされたどんな行為でも。

h. 自らがファウルを犯したことを知っているとき、プレーヤー自身でファウルを宣言するように要求されます。



--------------------------------------------------------------------------------

20.0 Timeouts-
Players are allowed one time out per match which can only be taken during player's own inning unless mutually agreed on by both players.
Timeouts should last no more than five minutes.
If player is gone for an extended period of time, opponent should consult a referee.


20.0 タイムアウト  -
各プレーヤーは1試合につき、自分のイニングに1つのタイムアウトを許されます。そのタイムアウトは相手も使えます?

タイムアウトが5分以上続くべきではないこと。

プレーヤーがタイムアウトの時間以上いなくなっているなら、相手はレフェリーに相談するべきです。


--------------------------------------------------------------------------------


21.0 Use of Equipment-
Equipment can only be used in the manner in which they were designed to be used.

21.0 用具 の使用について

用具はそれらが使われるよう意図された方法、範囲でのみ使われることができます。


--------------------------------------------------------------------------------



22.0 Dress Code- (addendum)
Players who are not up to code may be issued a warning by the Director or asked to change clothing.

22.0服装規定(付録)
服装コードに合わない場合、プレーヤーは運営によって警告を受けるか又は、衣類を着替えるように要請される事があります


--------------------------------------------------------------------------------


23.0 Not Ready to Shoot-
If the player whose turn it is at the table is not there to approach the table, a referee should be called.
For each two minute interval that a player is gone from the table, the referee will issue a penalty by awarding a game to the player who is present.
If a player fails to return to the table on a time-out, the opponent shall alert the referee who may begin timing the player to invoke this rule after a reasonable amount of time has transpired to ensure that the player receives his full five minute time-out.

撞く準備ができていない場合

プレーヤーが自分の番の時に、テーブルにいないか、テーブルに接近しようとしていないなら、レフェリーは彼を呼ぶことができます。
プレーヤーが2分の間テーブルからいない場合、レフェリーは罰則をあたえるでしょう。相手プレーヤーに1ゲームを与えます。

プレーヤーがタイムアウトでテーブルに戻ってこない場合、相手は、適当な時間が過ぎた後、レフェリーに時間を測定し始めるように警告することができ この時点から完全な5分のタイムアウトを受けることを保証するように警告するべきです。?


--------------------------------------------------------------------------------


24.0 Late for a Match-
If a player is late for a scheduled match, the player forfeits the match. If both players are late, both will forfeit the match and it will count as a loss for both players.


24.0 試合に遅れた場合

プレーヤーが予定された試合に遅れている場合、プレーヤーはその試合は不戦敗になります。
両方のプレーヤーが遅れているなら、両方ともはその試合は不戦敗になります。そして両方のプレーヤーは大会上、その試合は負けとして扱われます。



--------------------------------------------------------------------------------

25.0 Scorekeeping
It is each player's responsibility to turn in a score card, signed by both players, immediately after a match to the tournament direction table. Failing to turn in a score card can result in a forfeit for the non-recorded game.

25.0 スコアカードについて

試合が終わったらテーブル上で、お互いのスコアカードにお互いが署名をして、スコアカードを提出することがプレーヤーの責任です。
スコアカードを提出し損ねるとゲームが無効になる場合があります
試合ではこのようなスコアカードを記入します
ブレイクエースやますわりは別に記入して 年間で数字を出すらしいです
見た目はゴルフのスコアカードみたいですよね

--------------------------------------------------------------------------------


26.0 Intoxication-
If the referee and / or Tournament or Tour Director deems that a player is drunk, high on drugs, or in any way intoxicated or impaired by a legal or illegal substance, the player will be disqualified from the tournament.

26.0 泥酔
レフェリーか、大会自体で、又は運営が、プレーヤーが(合法か、非合法は問わず)、薬上、もしくは泥酔していると判断されるなら、その プレーヤーはトーナメントから失格させられるでしょう。


PR
鳥谷奈央応援団 人気ブログランキング

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
TADマニア(タッド・キュー TAD Cue)
性別:
男性
職業:
無職(玉で飯が食えたら最高)
趣味:
ビリヤード
自己紹介:
初次见面你好。
欢迎!我的博客。
欢迎你。
是我的名字”TADMANIA”。
你喜欢怎样的CUE?

Hello at beginning.
Welcome. To my Brog.
You are welcomed.
My name is "TADMANIA. "
What CUE do you like?

プライベイトキューギャラリー
↑↑↑↑↑
※カスタムキューギャラリー

かれこれ約20年ビリヤードとの縁があります。
と言っても20年間やってた訳では無く、
何年かやれば何年か休むの繰り返しで、
(^_^;)万年B級戦士です。

何とか勝率を上げるべく、
技術では無理なのでキューに頼ってみては如何なものかと考えたのです。
本気でオリンピック金メダリストを目指して!
史上最年長メダリストの夢は何年後のオリンピックか?
ブログへのご意見お待ちしております。
オリンピックのマーク


「Pool」
ポケットがないと溜まらない。
「Players」
人々…

うーん

ポケットが有ると堪らない人々…
「PoolPlayers」(´∀`)
ビリヤード好きが集まるSNS
↑ビリヤード好きが集まるSNS↑
是非、皆さんご登録を!
マイフレンドに宜しくね(^_^)


ミクシィロゴマーク
マイミク宜しく!
勿論「TAD Mania」です
TADマニア
TADManiaへリンクバナー
リンクフリーです(このバナーをダウンロードしてご使用下さい)
FINANCE NEWS

-外国為替-
フリーエリア
ビリヤード好きが集まるSNS
↑ビリヤード好きが集まるSNS↑
是非、皆さんご登録を!
マイフレンドに宜しくね(^_^)


Join the IPT Membership Club インターナショナルプールツアー(IPT) GORINA・ビリヤードクロス ダイヤモンド・ビリヤードテーブル IPT8ボール公式ルール
↑ IPT8ボール公式ルール
IPT・国際プールツアー
↑ IPT公式ホームページ

パケ放題のロゴ
ボウラードネットを登録する方は
パケ放題にした方が…Good!
ボウラードネットQRコード
ボウラードネットQRコード CS会員の皆さん参加しよう

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
BLLICKET・ビリケット用紙

Billicket・ビリケット用紙
(右クリックで画像を保存して下さい)

ビリケットの概要

★大阪で産声を上げた新ゲーム!
◎BILLICKET・ビリケットの誕生秘話

キューの盗難情報

プライベイトキューの盗難情報

TAD マニアのステッカー
こんなワッペンは?どうかな
スケジュール(「・・)ン?
ブログ内検索